女性の適性が高いとされる専門職は相当数見受けられます。看護師、保育士、ツアーコンダクター、ブライダルコーディネイターなど女性ならではの感性が要求される証でもあり女性の専門職として社会からも認知されています。
詳しく知りたいかたはこちら>>>kagayaku-josei.org
オフィスワークに目を転じると商品開発やマーケティング分野でも女性の活躍が目を引きます。マーケティングは市場調査と言い換えても良いかと思いますが、業界の市場動向を分析し、過去はどうであったのか、現在の状況はどうなっているのか、将来の見通し予想を割り出し企業の今後の業績向上を調査するという、細かく根気のいる仕事は女性に向いているのかも知れません。
過去から現在の商品の生産台数あるいは出荷台数を調べ、同業他社と比較して見る。そして今後5年から10年、20年と生産の推移を過去のデータから割り出して見ること。そしてどの商品が伸びて行き、どの商品が廃れて行くかを表やグラフで表すことは企業の中枢部門の一員として働くことでもあります。
同業他社の動向を調べることも重要です。生産拠点を移した・ある商品の生産を終了した・ある部門を合併した・あるいは売却した、というような情報は商品の強化や撤退などに関することについては、常に皆が神経をとがらせています。
このような地道で重要な作業が求められるところで、必要不可欠な人材として女性が評価されているのはこれからの企業社会の成り行きを目撃しているようで大変興味深い現象と言えます。

Leave a Comment